糖尿病黄斑浮腫について

糖尿病黄斑浮腫の治療

黄斑浮腫を改善することで、視力回復を目指すことができます。
治療法には薬物による治療法と外科的な治療法があります。

薬物による治療法には、VEGF阻害剤またはステロイド薬による治療があります。網膜や黄斑を傷つけることなく、浮腫を抑えます。
外科的な治療法には、レーザー光凝固術と硝子体手術があります。

治療法は、血液成分の漏れ方(病態)によって選択され、場合によっては複数の方法を組み合わせて行います。

薬物による治療法

VEGF阻害剤

血管からの血液や血液成分の漏れを抑制する薬を眼内に注射します。

ステロイド薬

炎症を抑え、水分の漏れを抑制する薬を眼内に注射します。

外科的な治療法

レーザー光凝固術

網膜を焼き固めて水分をためないようにします。

硝子体手術

硝子体を切除することにより、網膜への牽引(けんいん)を除去したり、酸素の供給を高めます。

前のページへ 前のページ:糖尿病黄斑浮腫の自覚症状
次のページへ 次のページ:糖尿病黄斑浮腫の薬物療法
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6