糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症(以下、網膜症)の治療法には、薬物による治療法と外科的な治療法(レーザー治療や硝子体手術:しょうしたいしゅじゅつ)があります(詳細は 糖尿病黄斑浮腫の外科的治療法 をご参照ください)。

病気の進行によって治療法は異なり、早期に治療を始めるほど負担の小さな方法で視力障害や失明を防ぐことができます

1.網膜症なし~単純網膜症(早期の網膜症)

血糖コントロールや、高血圧の治療など内科的治療を行い、単純網膜症に進行している場合は、状態によってはレーザー光凝固療法(ひかりぎょうこりょうほう)を行います。それによって、病気の進行を遅らせたりすることができます。

2.増殖前網膜症~増殖網膜症(進行した網膜症)

増殖前網膜症と早期の増殖網膜症の時点で、失明予防の目的でレーザー光凝固療法を行うことによって、病気の進行を阻止したり、遅らせます。さらに病気が進行して、網膜剥離や硝子体出血が起きた場合は、硝子体手術が行われます。

病気の進行と治療法(図)

前のページへ 前のページ:糖尿病網膜症はどのように進行するの?
次のページへ 次のページ:視覚障害のもう1つの原因「糖尿病黄斑浮腫」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4