糖尿病と眼の関係

糖尿病で眼が見えなくなるかもしれない!?

糖尿病は血糖値が病的に高い状態が慢性的に続く病気で、放っておくと全身にさまざまな合併症が起こりやすくなります。血管は、高血糖に長期間さらされると、もろくなったり、変形して血液の流れが悪くなります。その結果、細い血管が集まっている眼などに重大な合併症(糖尿病網膜症など)が起こります。

糖尿病三大合併症

眼の障害 糖尿病網膜症
網膜に障害が起こり、視力が低下したり失明したりするおそれもあります。
眼の障害
腎臓の尿をつくる機能が低下し、体の老廃物が除去できなくなります。
神経の障害 糖尿病神経障害
末梢神経に障害が起こり、手足の感覚が鈍くなったり、しびれや痛みを感じたりします。

糖尿病網膜症は、他の糖尿病合併症と同様に、初期には自覚症状はありませんが、病気の進行に伴って、さまざまな程度の視覚障害が起こります。最終的には失明に至ることもあります。

もしも、あなたの眼が見えなくなったら…

糖尿病の合併症で視力障害が生じてしまったら、どんな影響が出るでしょうか? 車の運転やパソコンの操作がしづらくなり、仕事に支障が出てしまうかもしれません。お料理やお掃除など、普段の家事が困難になってしまうかもしれません。これまでの日常生活が一変してしまう可能性も否定できません。

今までできていたことができなくなる可能性があります。

  • 間違えずに薬が飲める?
  • 車の運転は?
  • 新聞や本を読むのは?
  • メールの交換は?
  • パソコンは?
  • お料理は?
次のページへ 次のページ:糖尿病網膜症の有病率
  • 1